僕が感じたマラウイのちょっと面白い文化と行動のまとめ

マラウイと日本ではカルチャーが全く違う。

マラウイで生活をしていると1日に何度もツッコミを入れてしまう。

しかし特殊なマラウイ人の行動も最近では慣れて来た為、あまり面白くなくなってきた。

しかし、マラウイの事を知らない方ならきっと面白いであろう行動がいくつかあるので、紹介する事にします。

バスは満席になるまで出発しない

マラウイにはミニバスと呼ばれる車がある。

大体がトヨタのハイエースや日産のキャラバンのようなバンである。

これはマラウイ人の移動手段として大いに活躍している。

このミニバスは1回乗ると大体200クワチャ~300クワチャ(30円~50円)くらいである。

とても安いし、どのエリアにでもアクセスができる。

しかし、このミニバスも厄介な点がある。

満席になるまで出発しないという事だ。

マラウイではガソリンが800MKW / L(123円/L)で日本並みに高い。

ガソリンはマラウイでは高級品なのだ。

しかもマラウイの車は10年〜30年落ちがほとんどなので燃費が悪くミニバスの運営者は採算が合わない。

その為、満車にして乗客数を増やさないと出発できない。

ハイエースの満席と聞いてどれくらいの乗客数を想像するだろうか。

ちなみに日本で定められているハイエースの最大乗車人数は10人である。

しかし、なんとマラウイでは18人が乗車する。

乗車というか人と荷物をとにかく押し込めるという表現が正しいかもしれない。

 

日曜は何がなんでも必ず教会に行く

 

先日、日曜日にレストランに行った。

いつも通り、チキンとライスを注文すると何故かその日は「自分の肉は自分で焼け!」と怒られた。

イラっとしてしまい「こっちは客だぞ!ちゃんと仕事しろ!」と怒鳴り気味で言った。

そうすると「俺も客だ!!!!」と怒鳴られた。

全く訳がわからなくなり、理由を聞くとその日はオーナーが教会に行っていて不在の為、全てセルフサービスになっているとの事だった。

周りをよく見渡してみると確かにマラウイ人が自分の肉を自分で焼いていた。

教会はマラウイ人にとっては憩いの場所になっている。

Exif_JPEG_420

ただ礼拝をするのではなく、友人や家族と合ってコーラで乾杯したりお互いの日常について話をする場所になっている。

マラウイ人のコミュニティはここでできていると言っても過言ではない。

 

走り方がオカマっぽい

 

マラウイ人は運動神経が良い。

サッカーは誰がやってもそれなりに上手いし、体力もある。

しかし、欠点もある。

走り方がオカマっぽいのだ。

腕を横に振って、歩幅が狭い。

マラウイ人は外国人を見るとテンションが上がり、追いかけてくる人がいる。

慣れていない頃は、怖い顔をした、体格の良いマラウイ人が、オカマっぽい走り方をしながらこっちに向かってくるので、全力で逃げた事もあった。

しかし、月日が経って理解する事ができた。

それがマラウイ人のスタンダードな走り方なのだ。

しかも理由もある。

マラウイ人は基本サンダルを履いているので、靴に比べると、歩幅を大きくして走る事ができず、どうしても小走りになるらしい。

そしてアスファルトが陥没していたり、水溜りが道路にたくさんあるので、それを避けながら走るのには、腕を横に振った方がバランスが取りやすいらしい。

(本当かはわかりません)

いつか動画アップしたいと思います。

以上、マラウイ人の少し面白い習慣でした。

 

関連記事

マラウイのリロングウェとコタコタの安宿情報(バックパッカーにもおすすめ)... マラウイのリロングウェとコタコタでの安宿情報を実際に行った感じからお伝えします!! 【リロングウェ】 リロングウェの中心地付近の宿を中心に回りました!実際に...
インドのムンバイのレストラン・宿泊・移動など〜番外編〜... 先日ブログで紹介した日本からケニアまで飛行機のみで3万円代で行く方法でインドに1週間ほど滞在したのでその記録を残したいと思います。 前回の記事でホテル・観...
パスポート失くした状態から日本まで帰るまで!... 海外生活、海外旅行にパスポートはつきもので失くすことは考えたこともない。 しかし、タンザニアでのバス盗難でパスポートも失くした、もしもの為に日本に...
洋服の寄付を締め切ります。 現在22名の方にご協力頂きました。 次回でも次々回でも良いですが、とりあえず今回は1月末で締め切らせて頂きます。 ご協力いただいた皆様ありが...

アフリカのマラウイ(リロングウェ)を拠点に建築設計をしているKUNIと言います。アフリカのマラウイでは情報が少ないので、正確に丁寧な情報を発信できる様に頑張ります。何かご用件がありましたら「CONTACT」からお気軽にご連絡ください。