ぼったくり注意!マラウイのリロングウェ交通手段と相場情報!

海外に行けばどこでもぼったくりに合う可能性はあるのだが、マラウイは特に多い!

外国人というだけで現地人の相場とは大幅に異なる金額を提示される。

しかし、残念ながらどれだけ交渉してもマラウイでは現地人と同じ価格にするのは難しい。

数ヶ月滞在している僕ですら、マラウイ人と同じ価格にするのは難しい。

一度マラウイ人に聞いた事がある。

「なぜマラウイ人は外国人に対して高い金額を言ってくるのか?」

「それはマラウイ人が昔から持ってるマインドセットだから変えようがないよ。どんな商売でも現地人価格と外国人価格は分けてある。」

という事らしい。

その為、ここに書いてある相場も現地人とは異なりますが、マラウイ在住者が通常利用している金額です。

 

マラウイの交通手段について

マラウイには3つの交通手段がある。

①タクシー

②トゥクトゥク

③ミニバス

※自転車タクシーもあるがほとんど見かけない

※Uber、その他ライドシェアは使えない

タクシーが最も高く、トゥクトゥクがタクシーよりも少し安い(場合によってはタクシーと同じ場合もある)、ミニバスがダントツで安い。

 

空港からタウンまで

空港からリロングウェのセンター街までは、基本的にはタクシーを使う。

空港に着いたら多くのタクシードライバーから声を書けられる。

相場は15000MKW程度である。

時間は混み具合にもよるが40分~1時間程度

しかし観光客にはほぼ間違いなく20000MKW以上を言ってくるだろう。

「私はマラウイに何度も来てるので相場は知ってる」と伝えてください。

そうすると適正な金額を言ってくれるかも。

ちなみにミニバスも利用できる。

しかし乗り場までが遠いので僕は利用した事がない。

下記の辺りでピックアップして貰えるはずだ。

 

節約したい方は、タクシーでミニバス乗り場まで行って、そこからはミニバスを使うというのもありかもしれない。

金額は不明だが、通常はミニバスはタクシーの1/5~1/10の価格で行ける。

ミニバスの車内は狭いので注意。

センター街に着いたら(タクシー、トゥクトゥクの移動)

センター街にはタクシーやトゥクトゥク、ミニバスがある。

Exif_JPEG_420
Exif_JPEG_420

タクシーとトゥクトゥクはそこらへんにたくさん走っていたり止まっていたりするので決まった場所はありません。

そんなにピックアップするのに苦労はしないはずだ。

なので、いつも利用する時の相場だけシェアする。

 

例①バスステーション~エリア9

 

例②エリア3~バスステーション

こんな感じだ。

2km以内であれば、タクシー2000MKW、トゥクトゥク1500MKW程度。

4km以内であればタクシー2500MKW、トゥクトゥク2000MKW程度。

自分が行きたい場所をGoogleMAPなど使って距離で換算してみよう。

 

ミニバスステーションの場所

タウンの中には2箇所大きなバスステーションがあります。

バスターミナル①

リロングウェ最大のバスステーション

・リロングウェ市内は全てアクセス可能

・ブランタイア、ムズズ、サリマ、モンキーベイなどアクセス可能

・コンゴ共和国、モザンビーク、南アフリカなどの海外アクセス可能

 

バスターミナル②

①に比べると小さい

・エリア6,9,25などへアクセス可能

・バスターミナル①へアクセス可能

→遠方へ向かう人は①へ向かおう!

 

ミニバスの料金

ミニバスはリロングウェ内のエリア間のアクセスであれば200MKW(31円)~300MKW(46円)程度。

ただし、エリア24や25など遠方エリアへのアクセスは500MKW(77円)くらいする事もあります!

相場は以上です!

関連記事

僕が感じたマラウイのちょっと面白い文化と行動のまとめ... マラウイと日本ではカルチャーが全く違う。 マラウイで生活をしていると1日に何度もツッコミを入れてしまう。 しかし特殊なマラウイ人の行動も最近では慣れ...
衣類の寄付 衣類の寄付を開始しました。 Facebook等で呼び掛けをし、たくさんの衣類が集まりました。 ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。 責任を持ってマラウイに...
【実録】リロングウェで集団強盗に合いフルボッコにされた件(事件発生から事後処理まとめ)... リロングウェのエリア9へ引っ越しが無事に完了し、ショッピングモールで買い物を済ませ帰る途中で集団強盗に合いナイフで切られた上にフルボッコにされました。 同...
アフリカのマラウイに来て約3ヶ月、これまでに感じたこと!... 2017年9月末に初めてのアフリカ、初めてのマラウイに来た。 アフリカで仕事をするぞ!と意気込んで来たぼくがマラウイでの生活が色々落ちついて来たので感じた...

アフリカのマラウイ(リロングウェ)を拠点に建築設計をしているKUNIと言います。アフリカのマラウイでは情報が少ないので、正確に丁寧な情報を発信できる様に頑張ります。何かご用件がありましたら「CONTACT」からお気軽にご連絡ください。