マラウイで唯一の五つ星ホテルに行ってみた!

 

マラウイには五つ星ホテルがただ一つ!

 

 

まずこれが驚きだ、一つしかない。

 

ホテルの名前はWALMONT。

 

 

中国資本で建設されたホテルでマラウイ国内の建設技術では見ない工法がふんだんに利用されている。

 

 

外観意匠も凝られており、外壁素材も高価な石が使用されている。

 

中に入ると広い玄関ラウンジ。

 

 

 

とても清潔感があり掃除が行き届いている。

外資系企業の打ち合わせによく使用されている。

 

マラウイ湖の固有種が泳ぐ水槽も発見。

熱帯魚ファンにはたまらない。

 

 

そんな中マラウイで珍しいものを発見!

エアコン!!

 

これを街中で見つけるのは本当に難しい、大使館ぐらいでしょうか。

 

ラウンジでは飲み物も注文できる、試しに注文したがコーラで1000MKWで市場価格の約3倍、日本円で¥150。

 

レストランはこちら、内観意匠がすごい。。

 

中国の設計事務所が手がけ、おそらく南アフリカ、ケニアあたりから建築材料を輸入しているのではと想像する。

 

レセプション、政府関係者の宿泊がメインかと思われる。

 

 

こちらもマラウイでは珍しいエレベーターホール。

 

 

一緒にいたマラウイ人は操作の仕方がよくわからなったようだ!

 

という感じで最初から最後まで豪華なホテル、お値段は最も低い部屋で¥19000ぐらい。

 

マラウイでは珍しいものがたくさん見れるホテル!

 

マラウイ旅行でネックなWiFiもここでは心配なし!

 

この値段で五つ星に泊まれるのはありがたい、サービスもとても良い。

 

マラウイに来た際、ぜひ一度足を運んで見てはいかがでしょうか!

関連記事

ぼったくり注意!マラウイのリロングウェ交通手段と相場情報!... 海外に行けばどこでもぼったくりに合う可能性はあるのだが、マラウイは特に多い! 外国人というだけで現地人の相場とは大幅に異なる金額を提示される。 しか...
マラウイ首都リロングウェの迷宮のような闇マーケット!...   世界中にある闇マーケット。   すでに発展を遂げた国では法律によってクリアランスされて見るのは難しいですが途上国では良...
インドのチェンナイのレストラン・宿泊・移動など〜番外編〜... 先日ブログで紹介した日本からケニアまで飛行機のみで3万円代で行く方法でインドに1週間ほど滞在したのでその記録を残したいと思います。 チェンナイとムンバイの...
マラウイのリロングウェでコンタクトレンズとメガネが買えます!... マラウイのリロングウェでコンタクトレンズを探して3日目。 ようやく有益な情報を得られました! 結論から言うとリロングウェでもコンタクトレンズやメガネ...

建築学科卒業後、建設会社に設計士として入社。
以前から興味を持っていたアフリカに関わる為、5年半勤めた会社を退職しアフリカへ!
趣味は動物のイラストを描くことと旅行!
一級建築士!