マラウイからの荷物を日本に送った時の送料を調べました!料金はこれです。

ここでは、マラウイ→日本、日本→マラウイに荷物を送る時の送料を載せます(2017/10月現在の情報)。

私たちはアフリカのマラウイに洋服を送るプロジェクトを過去にやりました!その時に調べた内容です!そのプロジェクトの詳細は下記にて。

多くの人と繋がりを!アフリカのマラウイに686着の服を送ろう!

①日本からマラウイに送るケース

日本からマラウイに荷物を送る時は、郵便、宅急便、その他民間の運送会社があります。ちなみにマラウイでの受け取りは自宅でなく、郵便局まで取りに行くというのが普通みたいです。

マラウイ人は慣れているので、定期的に郵便局に問い合わせをしたり、逆に荷物が届いたら連絡を郵便局から貰うようにしているみたいです。郵便局まで受け取りに行く際に、名前や住所を伝えて、私たちが日本から送った名義と間違っていないかをチェックして受け取り完了です。

本題に戻ります!郵便、宅急便、その他民間の運送会社の中で一番安かったのは郵便です。

なんとなくのイメージですが、

定期的に輸出を行う法人などーーーー民間の運送会社

1回でのみで安く送りたいーーーーー郵便

高くても良いから早く送りたいーーー宅急便

こんな感じです!

私たちは90kgの洋服を送りました。

郵便にかかる費用

長さ1.5m 長さと横周の合計3m以内で、重さ30kg以下を1つとしてカウントします。

▲大きさは違うが30kg以内で均等に分けた。送料はそれぞれ同じ。

なのでなるべく30kgに近くなるように送った方がお得ということです!!!

そして送り方には2種類あります。

■国際スピード郵便(EMS)ー高いが早い(船便の約5倍程度)

■船便ー安いが遅い(EMSが2週間だと役3ヶ月〜半年)

例えば、30kgの荷物を送りたい。

■EMSの場合ー69,700円(2017.10現在)で約2週間でマラウイ着

■船便の場合ー13,250円(2017.10現在)で約3ヶ月〜半年でマラウイ着

詳細は下記で確認できます!!

郵便局の料金検索ページ

私たちの場合はなるべく安くしたかったので船便を選択しました!!

②マラウイから日本に送るケース

マラウイからの荷物を日本に送った時の送料を掲載します!マラウイは輸出手段がほとんどないので郵便局の一択になるでしょう。逆に料金も下記のようにシンプルです!!

そしてマラウイから日本に荷物を送る場合、近くの郵便局で受け取った方が断然お得です!

(下記の料金表は2017.9.1時点)

■自宅ので受け取る場合

1kg    K32,380(4981円)

2kg    K40,240(6190円)

3Kg    K47,180(7258円)

4Kg    K51,810(7970円)

5Kg    K56,440(8683円)

■近くの郵便局で受け取る場合

1 kg     K12,550(1930円)

2Kg     K 17,790(2737円)

3Kg     K23,030(3543円)

4Kg     K28,270(4349円)

5Kg     K33,510(5155円)

10Kg K59,710(9186円)

15Kg K85,910(13216円)

20Kg K112,110(17247円)

25Kg K138,310(21278円)

断然、郵便局の方が安い。。。なぜこんなに差が出るのかは不明です。。

こんな感じです。以上、マラウイの送料のお話でした〜!

関連記事

ちょっと面白いマラウイでの会社登記手続き!...   マラウイで事業を始めるためにまず会社登記を試みた!     まずはパートナーのマラウイ人である...
日本の建築士の僕らがマラウイに来た理由!!... 僕らは今、マラウイの建築業界で起業しようとしている。 もう申請中なので二ヶ月後にはマラウイに僕らの法人ができるはずです。   思い切った...
マラウイでビジネスを始めるための初期投資はこれぐらい!... ビジネスをスタートするためにマラウイに来て約3ヶ月が経った。 会社登記の手続き等が済み本格的にビジネスをスタートした。そこでこれまでにかかった金額...
アフリカで起業し収益を創出することの難しさとこれからの課題!...   今考えると愚かではあるが日本にいる時はアフリカに行けばお金を稼げると勘違いしていた。 そんな僕が感じた収益を出すことの難しさを考えます...

アフリカのマラウイ(リロングウェ)を拠点に建築設計をしているKUNIと言います。アフリカのマラウイでは情報が少ないので、正確に丁寧な情報を発信できる様に頑張ります。何かご用件がありましたら「CONTACT」からお気軽にご連絡ください。